脳梗塞後遺症のリハビリテーション

脳梗塞後遺症のリハビリ

脳梗塞後遺症のリハビリテーションは、様々な障がいにおいて日常生活を送るための能力や機能を回復するために重要な治療な訓練です。

脳梗塞による症状・後遺症は患者さんによって違いますので、お一人おひとりに合わせたメニューを組み(機能回復)リハビリを行います。
手に麻痺が、足に麻痺が後遺症として残ってしまった障がいを施術や運動、訓練で機能を回復すること、そしてより生活を送れるように、
脳と身体の機能回復そして疾患後に残った機能を活かし強化することが大きな目的となります。

脳梗塞リハビリファクトリーでは、皆さんと一緒にゴールを目指し、継続したリハビリテーションに取り組んでいきます。

機能回復を目的としたリハビリ

脳血管障害・パーキンソン病・難病・骨折後遺症等様々な原因で歩行困難や寝たきりでいる方のご自宅に伺い、 起居動作訓練や歩行訓練・関節可動訓練や施術を行います。

脳梗塞後遺症で日常生活に不安を抱える方に機能回復を目的としたリハビリを行うのが私たちのサービスです。

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師・鍼灸マッサージ師・理学療法士・作業療法士等、国家資格を持ったセラピストが訪問・来院で行う自費リハビリサービスは、医療制度や介護制度ではカバーしきれない目標達成のためのおひとりお一人に合わせたオーダーメイドのプログラムを提供します。

脳梗塞後遺症をはじめ、お悩みをご相談ください!

脳梗塞後遺症

手足の麻痺や痛み

パーキンソン病

骨折後遺症

脳性小児麻痺

歩行困難

リウマチ

手足の関節の動きの悪い方

寝たきりで動けない

その他ご相談ください!

医療・介護のリハビリ

医療制度(健康保険・外来)によるリハビリには適用日数に上限(180日)が設けられており、またリハビリ時間や量に不足が出ます。

介護制度によるリハビリは、おひとりお一人によって症状が違いがある中、個別ではなく集団でのリハビリ、専門的なセラピストが不足している等あります。

脳梗塞リハビリファクトリーのリハビリ

自費リハビリだからできるマンツーマンで片麻痺、言語障害といった後遺症に合わせたオーダーメイドでのリハビリを提供します。

自費リハビリなので、回数や時間に制限なくおひとりお一人が目指すゴールに向けてサポートいたします。

リハビリの流れ

脳梗塞リハビリファクトリーでリハビリサービス開始までの流れをご説明します。

1.無料相談

まずは無料相談から

当サイトのお問い合わせフォームから受付しております。初回は訪問もしくは来院にて、症状の確認・困っていること・目標をヒアリングさせていただきます。

2.リハビリプログラムの立案

国家資格を持ったセラピストが目標に合わせた最適なリハビリプランをご提案いたします。

3.お申し込み、回数券の購入

脳梗塞リハビリファクトリーのリハビリサービスは訪問型・来院型それぞれ回数券での提供となっております。

4.リハビリプログラム開始

担当セラピストによるリハビリがスタートします。目標達成のためにしっかりとサポートします。